俺のささやかな戯言と記録

プロフィール 

JJ

Author:JJ
1年半ぶりに東京生活にもどる。

もう俺はこの街を出て行かない。

そんな男の 
 ささやかな記録と戯言

最近の記事 

最近のコメント 

カテゴリー 

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 


今日は配属が決定した。

 会社へスーツで出向き、、
 いわゆる社会人、会社員的儀式を執り行う、、

さぁ

東京にあこがれ、、、東京の大学しか受験せず、、
 
  7年俺は東京で過ごした。

一口に7年といえど様々な事があった。
大学の入学式からまるで昨日のことのような気すらする。

 俺はこの雑踏と摩天楼がなによりも好きなのだ。。

信じられないような輝かしい日々や 
借金を積み重ねる不毛な日々も過ごした、、

 東京はリアルである、、
 よほど強い人間でなければフラフラと楽しいほうへ流れる
 遊び、楽しむということに関して地方と都心とでは格差がある。

渋谷の青山学院付属高校に通う高校生と
田舎のわけわからん私立高校に通う高校生とでは

 俺は未だに300%の楽しみの差が出ると思っている。。。

それは同じ「生きる」を体現することに差がでることを意味する。
ゆえに都内で育った人間は特にうらやましい。

 これは俺だけの考え、発想ではある。。


だけど俺は東京に何しに来たのか?
何を求めてやってきたのか?
  よくわからない、、、

 4月で俺はここを去ることになった。。。

俺の配属は東海地区だ、、
 東海と一言に言えど、愛知 三重 岐阜 静岡 長野 富山 滋賀
  
この先5年間は少なくともこの県をまたにかけて生活することになるようである。 

  悔しい、、

俺は東京で何も掴めず、何も大成せずに追い出されることになった。

 帰り道、、すべての摩天楼が仮想世界に変転した。。

 すべてが俺の許容範囲外、、この秋葉原も、、、


失敗したな、、、

 会社選びみすったか・・・

 だけど どこでも行きます!という誓約書にサインしたしな、、


厳しい世の中だ、、、
正社員とは転勤族、、紙一枚に書かれた俺の配属に何の抗弁もできない。やるしかない。
  配属 といわれればそこに行くしかない。。。
俺には幸いにも女がいない。。。
 逆にいえば離れやすい環境ではあるが、、、

 他にも辺境へ飛ばされたやついるけどもこいつらもみな女がいないとは思えない。。  心中お察しします。。

  こんなことを考えたとき、、

 フリーターや契約社員、派遣社員、、、

そういうので生きていこうとしている人の気持もわからなくない気がした。
 
日本はおかしい、、
   雇用問題の悪化が正社員と非正社員というボーダーに
   確実に線を引いてしまった。。

 必ずしも正社員が勝ち組で正しい生き方、、
   かくもあるべき姿であると俺は言い切れないことを悟った。

しばらくは動揺から抜け出せないだろう、、
 まだ実感がない、、、ここを本当に去るなんて、、、
   
          
image001.gif

b_04.gif
ぽちっとよろっす
スポンサーサイト
2007/02/22 22:20|その他TB:0CM:1

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/02/23(金) 06:51 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://peppu.blog60.fc2.com/tb.php/336-7b522c77

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 静謐なる東京人生 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。